>

通信機器レンタルとの共通点

通信機器レンタルとシェアリング

現在、海外ではWi-Fiスポットが多くあります。
ITの先進国のシンガポールでは、家庭のブロードバンド利用率は100%と言われており、街のいたるところにはWi-Fiが多く設置されています。
そうしたなかで、シンガポールではほぼWi-Fiをシェアリングしており、わざわざ通信料を使わなくても登録さえしておけば、海外でも無料でインターネットを使うことができます。
国をあげてインターネットをシェアしており、各国もその傾向があります。
日本でもオリンピックに伴いWi-Fiの導入が駅やショッピングモールを中心に多く導入しつつあります。
今後、日本でもWi-Fiというものシェアリングし、インターネットを利用出来るようになるかもしれません。

通信料もシェアできる

普段携帯電話を使っていて、通信制限がかかってしまった方が多くいると思います。
しかし、現在では前述で紹介した以外に通信料のシェアリングがあるのです。
それは各キャリアの壁をなくして、通信料の売買をするということになります。
少し多く通信料を使う人は、あまり通信料を使わない人に売ることができ、今までできなかった通信料の売買でwin-winな関係性が生まれるのです。
さらに、携帯事業者からではないので、比較的安価で購入することができます。
まだ利用には、制約があり自由とまではいきませんが、こうしたサービスが多く誕生すれば通信料の無駄を省くことが可能になります。
使いすぎて利用を控えることなく、携帯を使用できる時代がもうそこまで来ています。


TOPへ戻る