無駄のない世の中に

現在、皆様の身の回りにあるもので使われていないものがいくつか思い当たるのではないでしょうか。 例えば、乗ることのなくなった車や空家など様々です。 世の中に数え切れない使わなくなった資産は無駄にせずサービス化させようとする動きが現在は多くあります。

シェアリングエコノミーのデメリット

シェアリングエコノミーもいいことばかりではありません。 問題点がいくつかあげられています。 事故やトラブルなど個人でのやり取りが多いため数点が解決していかなければならないことがあり、日本人は特に警戒しています。 手軽に利用できるサービスという点もあり、不安点が多くあるようです。

通信機器レンタルとの共通点

空家や車などのシェアリングと共通するものがあります。 通信機器のレンタルがその一つです。 通信機器のレンタルも携帯電話やタブレットの利用が可能となっていますがシェアリングといったほどのサービスまで至っていないのが現状です。 その共通点についてご説明いたします。

使われていない資産を活用していく

世の中には数え切れない資産があります。
今までは、資産を業者に提供しサービスを受けることが多くありました。
しかし、提供する側は業者を介す為仲介料などの料金が加算されるため、サービスが割高になってしまい、なかなか手を出しづらかった傾向にありました。
現代では、以前では手間になっていたものがインターネットの普及や端末機器の進歩により、シェアリングサービスも同時に進歩を遂げ手軽に利用できるようになりました。
また、企業などの仲介が少なくなったため、個人での貸し借りになり利用する側は低コストで利用できるようになりました。
そうしたこともあり、シェアリングエコノミーが発展していきました。

例として、「民泊」があげられます。
使わない戸建やマンションを旅行者に提供するものです。
現在、外国人旅行者が増加しているなかで、使わない部屋を有効活用し有料で提供し収入を得ることができます。
外国人観光客は日本の文化に触れることができ、提供する側も観光客と関わることができるところもメリットの一つです。
またライドシェア(相乗り)もシェアリングサービスの一つでGPSを使い目的地付近まで迎車でき、提供者は空き時間で収入を得ることができます。
こうした動きがシェアリングエコノミーです。
様々な人が、様々なシェアリングサービスを提供、利用出来るようになりました。
身の回りにある様々なものを有効活用し、収入を得ることができ無駄のない時代に変わっていきます。

おすすめリンク

TOPへ戻る